08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

その点アルペジオはなかなかやるやつだった 

 新アニメが続々始まってきたところで去年のアニメの振り返り。
 蒼き鋼のアルペジオというタイトルをぱっと見て思ったのは鋼殻のレギオスかな?ってことだけだった。ちなみにレギオスについては名前だけ知ってるだけで内容はまったく知らないし、よく考えたらありきたりなタイトルなので似てるのは他にもいっぱいある。
 友人に勧められてアルペジオを見始めて数分、これは……いけるのか? とすごく疑問だった。なんたって全キャラクターが3DCGモデルなんだから。今までCGを使った作品はいくつかあったけど成功したのってあったかな? 最近だとアイドルもののアニメのダンスパートなんかに使われたり、ロボアニメの機体に使われたりアニメ界に結構浸透してきてるけども、ずっとCGってのはなかなかないと思う。
 CGキャラの特徴として真っ先に浮かぶのがかわいくないこと。きっと3次元のリアルなものに寄ってきてるから2次元に慣れた人たちにとってすごく違和感のあるものに映ってるんだと思う。正直に言うとアルペジオのCGキャラたちもあまりかわいいとは言えない。やっぱり違和感がある。けどアルペジオは違和感のまま終わらせなかったんす。
最終回を見た頃にはもう「CG娘かわいくない、もぅマヂ無理……」とはもう言えない。
 ちなみにお気に入りはタカオとコンゴウです。この二人も決して外見はかわいいとは言えない。けどね、人間ていうのはすごいもので順応するんだよね。小学生の頃、僕の家はVHSを使ってた。見たいテレビ番組があるときは録画して、見たら新しい番組を上書きして……これを繰り返すともちろん映像は劣化するよね。でもね、砂嵐寸前みたいな映像を見てこれはもうダメかなと思っても、見ていると段々、さっきまでモザイクがかかってきた人の表情が見えてくる。これは実際にそう見えてるんじゃなく、勝手に脳が映像を補完してるんだよね。だから途中から覗いてくる姉はこんなの見て面白いの? みたいに言ってくる。でも見えてるんだから仕方ないよね。
 CGも言ってしまえばこれなんじゃないかと。かわいくないけどかわいく見えてしまう。でもそれだったら他のCGアニメにも言えること。アルペジオの他のアニメと違うところはできるだけ2次元に似せるように作っていること、影の表現なんかで、できるだけ違和感を消して3次元への導入をしているんだと思うんだよね。だから脳内補完もそれだけ自然にできる。あとは細かい仕草や挙動のCGだから出せるかわいさを表現。
 それから単純にCGの進化もあると思う。近年のCGの進化はすごい。プリキュアEDのモデルはアニメ風に頑張ってる感がわかると思う。あとはMMDなんかも物理演算、影、表情、エフェクトの進化でもう別ものになってきてる。なぜかアニメ化したミス・モノクロームのEDもすごくよかった。
 アニメ本編の話だったらFate/ZeroのバーサーカーのCGはよく例にあげられてるし、あれは最高だった。ちなみに1クール目の終盤に出現した海魔も全部CGで作ってるとか。ガルパンはCGの使い分けがよかった気がする。

 ここで残念な例を……ラブライブ。人気らしいけど……ダンスシーンのカメラ切り替わるごとにCGと手書きの切り替えが違和感ありすぎたり、同じカットにCGモデルと普通のキャラがいるのはやばめ、ちょっとファンには申し訳ないけど失敗だと思えてた。

 アルペジオのよかったところはCGだけじゃなくて、声優もよかった。キャラに合ってたし、あからさまに下手な人がいなかったと思う。シナリオは割と普通だったけど悪くはなかった。それとアルペジオを支えた要素にもう一つ挙げるとしたら音楽。OPの「SAVIOR OF SONG」はニコニコで歌い手として活動してた人らしいけどONE OK ROCKのボーカルの弟がやってると言われるMY FIRST STORYの力も加わってかすごくかっこいい曲になってた。ニコニコ出身てだけで偏見持ってしまいがちだけどちゃんと聴いてみてから判断しないとだめね。OPを挙げるならEDもということで「ブルー・フィールド」。これはキャラの声優が歌ってるものなんだけど、声優ED曲にしてはクオリティが高いと思った。サビの「All I see」は癖になる。元気になれる曲。それからキャラソンがあるみたいで公式のクロスフェード聴いたけどこっちも良さそう。BGMも印象に残るものがいくつかあったし、いいと思う。

 まぁ曲が良いってのは最近のアニメは結構あるよね。本編酷くてもOPは良くてOPが本編みたいに言われるものもあるし。やっぱりアルペジオは3DCGを上手く物語に浸透させて、CGを弱みではなくあくまで武器として使ったという点が良かったんだと思う。
僕はかなり面白いアニメだと思った。これからこんな新しい挑戦をしていくアニメがちょくちょく出てきたら面白いかもしれない。

 ちなみに、アニメのキャラクターって唇の赤い色がないものが多いですよね。あると違和感が出てくるし、割とそのことに触れる人がいますが、個人的には好きです。アルペジオではタカオやキリシマ、コンゴウが該当します。進撃の巨人のミカサもそうでしたね。ミカサ不人気の理由はそこにもあるんじゃないかと思います。僕は好きですけどね。僕は好きですけどね。


※この記事は僕個人の見解なので制作の意図とか色々違っていたらごめんなさい。

おーらいしー
スポンサーサイト

category: 日記

Posted on 2014/01/12 Sun. 23:29  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。